2017-8-28 おもしろ

kei

うちは結構田舎で、
毎年世帯数が減っていくような地区なんだ。
で、ある時、色々あって、
とある家の持ってた土地がうちのものになることになったんだ。

と言っても大した話じゃなくて、
あれ?あそこの土地って持ち主いたの?
みたいな辺鄙なところで、
大きさも小さめの田んぼ一枚分くらい。

で、うちの母親が土いじり好きなもんで、
そこを新しい畑にしよう、ってことになった。

それで休みの日に
とりあえず整地しようってことで行ってみたんだが、
これがまあヒドイ。
元々ほったらかされてた土地だから、
草はボーボーだしデカイ石はゴロゴロ転がってるしで、
こりゃあ一日かかるな…と

ちょうど夏の暑い日だったし、
母親と二人でヒイヒイ言いながら作業してたんだ。

 

しばらくして、一台の軽トラがやってきた。

田舎とはいえ軽トラくらいは通る…んだが、
乗ってる人たちが不思議だった。

まず運転してるのがここらじゃ珍しい外人の兄ちゃん。

ん?と思ったら荷台にも人が乗ってる

(´∀`*)←こんな顔して
すげえ楽しそうな外人の兄ちゃんが二人。

母親と二人で走る軽トラを見送る

母「……なんだろあれ」
俺「なんだろう……」

軽トラの荷台を楽しむとは通な外人だなーと
ちょっと愉快な気持ちになったところで、軽トラが止まった。

遠目で見てると運転席の兄ちゃんが
荷台の二人に何かを話している。
なんかトラブルか?と思って見てると
軽トラがフルバックして俺らの前にやってきた。

そして車から降り立つ外人の兄ちゃん3人。
すげー笑顔でこっちに近づいてくる…。

次のページへ続きます

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

 

新規コメントの書き込み