content_new

昔付き合ってた彼女。

すごく人あたりが良くいつも笑顔で友達もたくさんいて。
明るくて俺にだけ少し我儘で、でも大好きだった。

順調に1年付き合い結婚の二文字もちらついてたある日友人から報告。
彼女がホテルにいたと。自分らの方を見て「あ」って顔したんで間違いないと。
半信半擬だがこの友人は嘘でこんなこと言うやつではない。
悩んだが直接聞こうとメールした。

「話がある。時間ある?」

彼女からしばらくたってかえってきた。

「わかった。明日お休みだからいつでも大丈夫だよ。」

翌日彼女の部屋へ。
ドアを開けるとなんだか憔悴しきったような彼女が出てきた。
無理矢理な笑顔を作り俺を部屋へあげる。
しばらくとりとめのない話をし、俺が口火を切った。

「友人からホテルで見たって言われたんだけど。」

瞬時に固まる彼女。反応からああ事実なのかと悟る。
正座に座り直し「…その通りです。ごめんなさい。」

まさか、だって浮気とか有り得ないて思ってたし、
彼女からは「なにそれ、見間違いww」とか言われると思ってた。
でもうなだれる彼女が現実。俺は切れた。大人の対応なんて出来なかった。

「ふざけんなてめぇ!俺よりそんな親父が良かったのか!まじ市ね!」

思い付く限りの酷い言葉で罵った。
彼女は何も言わずずっと俺の言葉を聞いてた。顔を上げる事もしなかった。それが余計に俺をいらつかせた。
「何か言う事ないのかよ、ここまできてさ。」怒気を含んだ言葉で聞くと「全て事実です。本当にすみませんでした。」と土下座された。

「糞うぜえ。市ね。」

彼女の部屋を出た。号泣しながら家帰った。許せないのと裏切られたのと、色々な感情でパニックになりつつ。
友人にも話し、慰められながら彼女の事を忘れると決意、全部着拒否した。

しかしあの日以来彼女から連絡が来ることはなかった。「あー俺そんだけな存在だったんだな」って泣けた。

 

やさぐれながらあっと言う間に1年が経った。

友人何人かの飲み会があり参加した。
そこで彼女の近況を聞くことになる。

「あの女、入院してるらしいぜ。ざまぁww」

彼女が体が弱いのは知ってた。その頃裏切られたと思いつつまだ俺は彼女の事を気にしてたんだろうな。

入院の言葉が引っ掛かって、病院教えてもらってとりあえず様子見に行ってみた。

次のページへ続きます

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

 

新規コメントの書き込み