2017-4-18 おもしろ

38647817

会社の近所に中年姉妹2人でやってる小さな焼き鳥屋がある。
15席程度のお店だけど、美味しくて居心地良くて結構繁盛しているようだ。

先週も仕事帰りに部長と課長が飲みに行くというので、連れてってもらった。

おまかせで美味しい焼き鳥と焼酎お湯割りで楽しく飲んで、そろそろ次の店行く?となった頃、
カウンターの30歳前後らしきサラリーマン風がお店に対して何かゴチャゴチャ言ってるのが聞こえた。

このお店はお通し兼箸休めとして、ちぎったキャベツに甘辛いタレを適度にかけ回して出してくれる。
1人分が大人の両手にこんもり盛ったくらいあるんだけど、野菜が食べたいと思う時など2、3回おかわりしたくなるくらいこれも美味しい。

リーマンの言い分を聞くと、
「キャベツのタレが全体に均等にかかっていない。サービス業なんだからこういうとこキチンとしないと」
「繁盛しているようだけど、客に手を掛けさせて、人気に胡座かいてるんじゃないの」
だと。

私は(うわ~…強烈にバカな奴…つか嫌がらせか?)とか思ってたんだけど、酔ったリーマンは連れと一緒になって、忙しそうなおばさん達にからみ続けた。

もしかしたら常連なのかもしれないけど、段々お店の雰囲気がトゲトゲしくなってきた頃、弊社の部長(50代・平泉成ぽい)が彼らに話し掛けた。

次のページへ続きます

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

 

新規コメントの書き込み