2017-2-23 その他

daigaku

大学で史学科を専攻してたのだが、どうしようもない韓国人が居た。まず人の話を聞かず、教授があれこれ説明していると「それは違うんです!」と、ありもしない語りを始める。もちろん突っ込みを入れるのは朝鮮に関わりのある話だが例としては「唐辛子は朝鮮が日本に伝えた」等。そして第二次世界大戦の授業になった際、こいつは恐ろしいまでに発狂した。教授が説明を始めると、いきなり「はい!!」と手を挙げ、教授の返事を待たずに起立。

「まず最初にみなさんに言っておきたいのは、みなさんは私に謝罪しなければいけないということです」

と、始まってみんなアチャーな雰囲気が流れてて、アメリカの留学生も失笑してたんだが

「慰安婦問題は、日本人が攻撃的である証明」
「われら誇り高き朝鮮民族はそんな日本人からの弾圧に耐え、戦勝国となった」

などとまくしたてる。
教授は

「いいから座りなさい」

と制止しようとするが、韓国人は無視し、

「今、日本を韓流が席巻している。いま、韓国が日本を越えようとしてるのです!」

と、声高らかに叫んで着席。満足そうな顔をして腕組みしている韓国人。
シーンと静まりかえる教室内で、アメリカ人がそっと挙手。

「マイケル君(仮名)、どうぞ」

そこでマイケル君が起立

次のページへ続きます

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

 

新規コメントの書き込み